10月17日リリース予定のブラウザ「Google Chrome」のバージョン62から、非SSL(非https)ページへの警告表示が強化されるそうです。

具体的には、サイト内検索用のテキストボックスなど文字入力フォームに文字を入れようとすると、アドレスバーに「保護されていません/保護されていない通信」という表示が出たり(Google Chrome)、アドレスバーに赤い斜線の入った鍵アイコンが表示されるようになる(Firefox)とのこと。

この警告表示を回避するには、SSLサーバー証明書を導入してページをSSL化(https化)する必要があります。弊所では、セキュリティ向上の観点からウェブサイトの全ページを「https(暗号化)」にする常時SSL化に踏み切ることとし、対応を完了しました。

お客様におかれましては、安心して弊所サイトをご利用いただければと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

参考記事
https://ssl.sakura.ad.jp/column/https-not-valid2/

https://ssl.sakura.ad.jp/column/https-not-valid/

 

足立区社会福祉協議会 寄附のご案内

日本財団「災害復興支援特別基金」

あしなが育英会「東北レインボーハウス(仮称)」建設募金