先日、業務用のメールアドレスが標記のような状況に陥りました。仕事に差し障りがあるので、そのままにしておくわけにはいきません。

少々慌てながら対処法をネットで検索すると、送信サーバーのポート番号を標準の「25」から「587」に変えれば大抵のケースで解決するとのこと。早速試みたところ、無事に送信できるようになりました。

以下はジャストシステムのウェブサイトからの引用です。

「Outbound Port25 Blockingを採用しているプロバイダの場合、メールの送信ができないことがあります。Outbound Port25 Blockingとは、迷惑メール対策の1つで、プロバイダーが指定した送信サーバーを使用しないメールを制限する仕組みで、Outbound Port25 Blockingをプロバイダが採用した場合は、Shurikenの送信設定を変更する必要があります。ほとんどの場合、送信時のポート番号としてSubmission Port(587番)を指定することで解決します。」

Outbound Port25 Blocking(25番ポートブロック)は広く採用されつつあるもののようなので、皆様のメール環境で「受信はできるが、送信ができない」状況になったときは、上記の対処法が有効かもしれません。参考になれば幸いです。

 

足立区社会福祉協議会 寄附のご案内

日本財団「災害復興支援特別基金」

あしなが育英会「東北レインボーハウス(仮称)」建設募金