足立区・葛飾区の成年後見・相続手続・遺言書の相談は、行政書士・社会福祉士光塩福祉法務事務所へ

2-25 複数の遺言書がある場合

父が亡くなり、20年前に作成された公正証書遺言と、その10年後の日付がある自筆証書遺言が見つかりました。どちらが有効なのでしょうか。

 2-24でご説明したとおり、前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなされます。

 したがって、20年前の公正証書遺言がその10年後の自筆証書遺言と抵触する部分があれば、自筆証書遺言の記載が有効となります。

 遺言の撤回は「遺言の方式」によることが求められているだけですので、自筆証書遺言で公正証書遺言を撤回することは可能です。しかし、後のトラブルを防止する観点から、公正証書遺言の内容を撤回し訂正するときは、同じ公正証書遺言によることをおすすめします。

相続・遺言・成年後見Q&A

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6240-7144 9:00~18:00(土日祝日除く)

PAGETOP