足立区・葛飾区の成年後見・相続手続・遺言書の相談は、行政書士・社会福祉士光塩福祉法務事務所へ

2-11 公正証書遺言の証人

公正証書遺言の証人は誰に頼めばよいのでしょうか。

 証人になれないのは、未成年者、推定相続人・受遺者(遺言によって財産を受け取る人)とその配偶者・直系血族、公証人の配偶者や親族、公証役場の書記官や従業員などで、これらに該当しない人であれば、誰でも証人になることができます。親しい友人に証人になってもらうのはよくあることです。

 証人から遺言の内容が漏れることをご心配であれば、行政書士などの専門職に依頼すれば、彼らには守秘義務がありますから、証人から遺言の内容が漏れる心配はありません。ただし、証人に対する日当を用意する必要があります。

 また、証人を依頼できる人が見つからないときは、公証役場で証人を手配してもらうことができます。この場合も証人に対する日当を用意する必要があります。

相続・遺言・成年後見Q&A

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6240-7144 9:00~18:00(土日祝日除く)

PAGETOP