足立区・葛飾区の成年後見・相続手続・遺言書の相談は、行政書士・社会福祉士光塩福祉法務事務所へ

3-18 診断書を書いてもらえない

父が認知症で、成年後見制度を利用したいと思っているのですが、父は医師の前ではしっかりしており、医師が診断書を書いてくれません。どうすればいいでしょうか。

 成年後見用の診断書は主治医に書いてもらうのが一般的ですが、何らかの事情で主治医が診断書を書いてくれない場合や、主治医には頼めない(頼みたくない)場合には、専門医(認知症外来・もの忘れ外来)の診察を受けて診断書を書いてもらうという方法が考えられます。主治医とは別にかかりつけ医がいれば、そのかかりつけ医に診断書を書いてもらっても構いません。

 また、本人が「自分は正常だ」と主張して医師の診察自体を拒むような場合は、診断書なしで申立てを行うことが認められる事例もあるようです。このようなケースでお困りの場合は、管轄の家庭裁判所に相談してみるとよいでしょう。

執筆者
行政書士・社会福祉士 稲吉 務
(足立区の専門職成年後見人)

相続・遺言・成年後見Q&A

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6240-7144 9:00~18:00(土日祝日除く)

PAGETOP