このたびスマートフォンを新しいものにかえたのですが、タイトルのとおり、NTTドコモの回線でSIMフリー端末を使うというちょっと変則的な形ですので、ご参考になればと思い、経緯を記すことにしました。

私は「docomo with」という割引サービスを利用しています。対象端末の購入を条件に、毎月の基本料金が1,500円割引になるというものです。ところが、ことし6月に新しい料金プランが導入されたことに伴い、docomo withは受付終了となり、機種変更すると適用が受けられなくなってしまいました。

機種変更すると自動的に新料金プランが適用されるのですが、料金シミュレーションをしてみると、私の場合は新料金プランだと割高となり、docomo withの適用を受け続けた方が得という結果が出ました。

一方で、2年前に買った端末にはいろいろと不満が出てきて、そろそろ新しいものが欲しいなと思い始めていました。そこで、SIMフリー端末を買い、SIMカードを載せ替える形でやってみようかと考えたわけです。docomo withはあくまで基本料金からの割引なので、契約上、端末に何を使うかは自由です。現に、このプランが導入された当初には、購入した対象端末をすぐに売り払い、SIMフリーのiPhoneにSIMカードを載せ替えるユーザーがいたと聞きます。

そして、しばらく前からSIMフリー端末の物色を始め、台湾ASUS製のある端末に狙いを絞り、安く買えるところを探していました。そんなある日、衝撃の値段を目にしたのです。(続く)

追記:
SIMフリー端末を買うくらいなら、いっそMVNO(いわゆる格安SIM・格安スマホ)へ乗り換えればよいではないかと思われる向きがあるかもしれませんが、私にとっては、特に緊急時の回線の安定性は最も重視するところであり、その意味でドコモから離れるという選択はあり得ません。

 

足立区社会福祉協議会 寄附のご案内

日本財団「災害復興支援特別基金」

あしなが育英会「東北レインボーハウス(仮称)」建設募金

日本赤十字社「令和元年台風第19号災害義援金」