毎日こまめにブログを更新していた同業者が、年明けから2週間以上、ブログを更新していませんでした。全く面識のない人ですが、どうしたのかな、体調がすぐれないのかなと心配していました。

きょう久々にブログが更新されていたので、早速記事を読むと、曰く「ウィンドウズが突然起動しなくなって、パソコンを修理に出していた」と。

深刻な病気などではなかったようで、他人事ながら一安心しつつも、PCが不可欠のこの仕事にあって、この間どうしていたのだろうという疑問が。予備のPCを備えていなかったとすれば、リスクマネジメントの観点からは問題ありと言わざるを得ないでしょう。

このご時世、スマホやタブレットで代替できる部分も多いとは思いますが、メインのPCが不調に陥ったときの備えとして、最低限、小ぶりのノートPC程度は予備機として常備しておいた方がよいのではないかと。もちろん、私も持っていますし、メインPCのトラブル時に予備のPCでしのいだ経験もあります。

※「私の終活~エンディングノート」をプレゼント中です。詳細はこちら

 

足立区社会福祉協議会 寄附のご案内

日本財団「災害復興支援特別基金」

あしなが育英会「東北レインボーハウス(仮称)」建設募金

日本赤十字社「平成30年7月豪雨災害義援金」

平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

インドネシア・スラウェシ島地震緊急募金(国連UNHCR協会)