先日、行政書士会足立支部の業務研究会と、終了後に行われた懇親会に行ってまいりました。久しぶりの出席です。

懇親会では、これまでほとんど話す機会がなかった方のお話をじっくり伺うことができました。私と年齢はほとんど変わらないのですが、若くして独立開業され、30年近くのキャリアを有する大ベテランです。

さまざまなエピソードを伺って改めて認識したのは、行政書士に認められている業務独占や代理権は、天から降ってきたものではなく、多くの先人たちの努力によって獲得した成果であることです。

今私たちが考えるべきは、これらを既得権として墨守することではなく、業務独占・代理権を大切なものとして守り引き継ぎつつも、これからの社会の変化にどのように生かして貢献していくかということでしょう。

そして、私たちの将来は、大風呂敷や派手な打ち上げ花火からではなく、日々の小さな積み重ねからこそ築かれていくものであると私は考えています。

※「私の終活~エンディングノート」をプレゼント中です。詳細はこちら

 

足立区社会福祉協議会 寄附のご案内

日本財団「災害復興支援特別基金」

あしなが育英会「東北レインボーハウス(仮称)」建設募金

日本赤十字社「平成30年7月豪雨災害義援金」

平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

インドネシア・スラウェシ島地震緊急募金(国連UNHCR協会)